Raspberry PiにOS「Raspbian」をインストールする方法【Raspbian Buster対応】

Raspberry Pi にOSをインストールする手順をまとめておきます。

今回OSには「Raspbian」のLITE版(GUIがなくコマンドのみで操作)を選択しました。
GUIのあるDESKTOP版ではなく、コマンドのみのLITE版を選んだのは、サーバとして使用するためGUI環境は必要なかったためです。

動作環境

  • Raspberry Pi 3 Model B+
  • Raspbian Buster Lite【2019-09-26版】
  • Win32 Disk Imager【1.0.0】

OSイメージをダウンロードする

Raspberry Pi の公式サイトから Raspbian のOSイメージをダウンロードします。
「DESKTOP版」と「LITE版」がありますが、今回はGUIは不要なので「LITE版」をダウンロードします。

ダウンロード方法として「Torrent」と「ZIP」が選択できます。
今回は「ZIP」を選択しますが、トレントが使用できる方はダウンロードが速いため「Torrent」がおすすめです。

ダウンロード】
<https://www.raspberrypi.org/downloads/raspbian/>

アーカイブ一覧

ダウンロード】
<https://downloads.raspberrypi.org/raspbian_lite/images/>
※旧バージョンのOSはこちらからダウンロード可能です。

 

書き込みツールをダウンロードする

OSイメージをmicroSDカードに書き込むためのツールをダウンロードします。

書き込みツールには「Win32 Disk Imager」を使用します。
下記のサイトよりインストール不要なポータブル版をダウンロードします。

ダウンロード】
<https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/files/Archive/>

アーカイブページの「Win32DiskImager-X.X.X-binary.zip」をクリックするとダウンロードが開始します。
ダウンロードしたZIPファイルを任意のフォルダに解凍しておきます。

 

OSイメージを書き込む

microSDをフォーマットする

OSイメージを書き込む前にmicroSDカードを初期化しておきます。

microSDカードをPCに接続し、「FAT32」形式でフォーマットしてください。
この時、どのドライブにマウントされているかを確認しておきます。(下記の場合は「F:」ドライブとなります。)

 

OSイメージの書き込みを行う

microSDカードにOSイメージの書き込みを行います。

先ほどダウンロード&解凍した「Win32 Disk Imager」のフォルダから「Win32DiskImager.exe」を起動します。

[Image File]のフォルダボタンをクリックし、ダウンロードしたOSイメージファイルを選択します。
[Device]のプルダウンから、microSDのマウントされているドライブを選択します。

注意ポイント

選択するドライブを間違えるとデータが消えてしまいます。
必ず間違えがないかチェックしてください!

[Write]ボタンをクリックして書き込みを開始します。

確認画面が表示されるので[Yes]ボタンをクリックします。

書き込み処理が完了するまでしばらく待ちましょう。

しばらく待ち、書き込みが完了すると「Write Successful.」と表示されます。
[OK]ボタンをクリックし、アプリを終了します。

注意ポイント

OSの書き込み後に、ドライブのフォーマットを行うダイアログが表示されます。
必ず[キャンセル]を選択してください。

これはOSの領域が「起動用領域」と「データ用領域」に分かれているためで、Windowsで「データ用領域」をマウントしようとして表示されます。フォーマットするとOSが起動できなくなります

フォーマットしてしまった場合は、再度書き込み手順を行って下さい。

 

Raspberry Piを起動する

OSイメージを書き込んだmicroSDをRasoberry Piに差し込みます。

HDMIケーブル、キーボード、電源(MicroUSB)ケーブルを接続し、電源をONにするとRaspberry Piが起動します。
起動すると画面左下のパワーLED(赤色)が点灯します。

電源をONにするとOSの起動画面が表示されます。

しばらく待ち、画面に「raspberrypi login:」の文字列が表示されれば起動成功です。

ログイン方法

ユーザ名 :pi
パスワード:raspberry

※パスワードは入力しても画面には表示されません。

以上でOSのインストールは完了となります。

以下の記事で「初期設定」についてまとめています。

Raspberry Pi(Raspbian Stretch Lite)の初期セットアップ手順

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

-Raspberry Pi
-,

Copyright© のぶんつブログ , 2019 All Rights Reserved.